「自己破産をすると、銀行口座を凍結されるって本当?」「自己破産をした後は、新しく口座を持つことが出来ない?」など、自己破産にまつわる銀行口座への疑問を持っている方もいるでしょう。
自己破産をすると、銀行口座は相殺・凍結されてしばらくの間使えなくなる可能性があります。このとき、すべての銀行口座が対象になるわけではありません。しかし、口座が使えなくなることで給与の振り込みや年金の支払いなどどうすればいいのか困ってしまいます。事前にきちんと準備して、対応しておくことでこれらの問題については解決することができますので、以下で紹介していきたいと思います。

自己破産すると口座はどうなる?

自己破産をした場合、借入れに使用していない口座や自己破産と関係のない銀行の口座である場合には、自己破産をした後も引き続き使用することができます。ただし、借金に関係のない銀行の口座であっても、カード会社に対する口座振替があった場合には編波弁済になる可能性があります。これについては後ほど詳しく説明します。
自己破産に関連する口座については、口座を凍結される可能性があり、口座に入っている預貯金に関しては、相殺されてしまいます。相殺とは?凍結とは?と疑問に思う方もいると思いますので以下で詳しく説明します。

相殺とは?

相殺とは、あなたが自己破産をすることによって貸しているお金の返済を受けられなくなった銀行が、あなたの口座に入っている預貯金分を返済に充てることです。相殺が行われるのは、通常1度きりです。弁護士から銀行へ受任通知が届いた時点での口座の残高分が相殺の対象になります。

凍結とは?

凍結とは、銀行が口座の取引を停止させることです。凍結されることによって、口座からATMでお金を引き出すことはもちろん、公共料金やクレジットカードの引き落としが出来なくなります。凍結では、お金を出すことに関して制限がかかることが多いです。しかし、銀行によっては入金に対して制限がかかることもあります。給与や年金などの振込先の口座として使用している場合には、振込自体がエラーで出来なくなる場合もありますので注意してください。

自己破産をするとすぐに凍結・相殺されるの?

銀行口座が凍結・相殺されるのは弁護士によって受任通知が送付され、銀行に届いた時点です。受任通知が銀行に届いた時点で預金残高は相殺され、口座は凍結されます。

口座を凍結された場合には?

一度口座を凍結されてしまうと、しばらくは凍結された状態が続きます。凍結されている状態では、口座に給与や年金が振り込まれても引き出すことが出来なくなります。また、振込自体が出来ずエラーになる場合もあります。そのため、口座が凍結される前、つまり弁護士からの受任通知が銀行に届く前に何らかの対処をしておく必要があります。

銀行口座を凍結される前の対策

一度凍結されてしまった口座は、しばらくの間使用することが出来ません。そのため、口座を凍結する前に何らかの策を講じておく必要があります。

預金を引き出しておく

預金口座が凍結されると、その口座に給与や年金が振り込まれても、引き出すことができなくなります。先に口座に入っている預金をすべて引き出しておくことをおすすめします。

振込口座を変更しておく

借金に関わる口座を、給与や年金の振り込み口座に使用していた場合には変更しておきましょう。

新しく口座をつくることができる?

結論から言うと自己破産をした後でも、銀行口座を作ることは可能です。銀行では、口座の新規開設の際に信用情報を確認しません。そのため、自己破産の手続き中であっても、ブラックリストに載っている場合でも口座を作ることが出来るのです。ただし、自己破産の手続きにおいて、借金のあった銀行であれば新規に口座を作ることは出来ません。支店が違っている場合には、口座を作ることが不可能とはいえませんが銀行側の判断によっては難しいでしょう。

銀行からの借り入れがない場合は自己破産しても銀行口座に影響はゼロ?

自己破産に関係のない口座の場合には、口座を凍結されることはありません。しかし、あなたがカード会社に対する返済を口座振替で行っていた場合には自動引き落としによって口座からお金が返済されています。
自己破産の場合、すべての借金が破産手続きの対象です。そのため、すべての借金に対して平等に返済を行う必要があります。
口座振替で自動的に引き落とされていた分に関しては、カード会社への返済だけを行っていると編波弁済をしていると判断されてしまう可能性があります。そうならないためにも、借金の返済を口座振替で行っている場合には口座から引き落としがされないように残高をゼロにしておきましょう。

まとめ

・自己破産をした場合、借入れに使用していない口座や自己破産と関係ない口座は自己破産後も使用可能。
・口座振替で借金の返済をしている場合は、自動的に引き落としが行われカード会社への返済を優先し、編波弁済をしていると判断されてしまう可能性がある。
・自己破産に関わる口座は凍結される可能性があり、預貯金に関しては、相殺されてしまう。
・相殺・凍結のタイミングは、代理人からの受任通知が銀行に届いた時点。
・口座の凍結後は、しばらく凍結状態が続く。凍結状態では給与や年金が振り込まれても引き出すことが出来ない。振込自体が出来ずエラーになる場合もある。
・自己破産の手続きを進める前に預金を引き出しておく必要がある。

自己破産の相談なら債務整理相談センター【広島店】へ