「自己破産をすると車を使えなくなるの?」
「車のローンを完済している場合には、車に影響がない?」

弁護士

自己破産による車への影響について疑問に思っている方もいるでしょう。電車やバスの充実していない地域では、車は生活に欠かせない移動手段です。また、自営業を営む方であれば車で営業したり車自体が仕事道具であり、収入源となっている場合もあります。

自己破産をすると、車を手放さなくてはいけない可能性が高いです。しかし、場合によっては車を手元に残したまま生活をしていけることもあります。そこで、自己破産による車への影響について説明します。

自己破産をするとなぜ車を手放さなくてはいけないのか?

自己破産では、「破産」と「免責」といった2つの手続き行います。破産手続きでは、あなたの持っている財産をお金に換えて(換価)、借金の返済に充てます。借金の返済に足りなかった部分は、免責によって返済する必要がなくなります。

この破産手続きにおいて、車は、差し押さえ禁止動産や自由財産にあたらないため、換価される対象となります。そのため、自己破産をすると車を手放さなくてはいけないというわけです。

ただし、車の価値が20万円以下である場合や古い年式の車であった場合にはこの限りではありません。

名義人によって影響は異なる

自己破産の手続きは、破産を申し出た本人の問題として捉えられます。そのため、自己破産によって車を手放す必要があるかどうかは、名義人が誰であるかで異なってきます。

それでは、車の名義人が、破産した本人である場合、家族の名義の場合、仕事で使用する事業用である場合それぞれについて見ていきましょう。

破産を申し出た本人の名義の場合

車が破産を申し出た本人であった場合、処分される財産の対象として取り扱われます。ただし、車の価値が現金で20万円以下の場合を除きます。

家族の名義の場合

車が、あなた以外の家族の誰かの名義であった場合、あなたが自己破産をしても、車に影響はなく、継続して使用することが可能です。

ただし、名義人はあなたでなくても、名義人に収入が無く、車を購入したのが破産者のあなたである場合には、破産を申し出た方の資産として取り扱われる可能性が高いでしょう。

つまり、車が家族の誰かの名義であっても、購入したのが明らかに破産を申し出たあなたであれば、処分される財産の対象として取り扱われるということです。

しかし、家族の名義であれば車を失う可能性が低くなるため、

「自己破産をする前に名義人を破産者本人でなく家族の誰かに移してしまえばいいのでは?」

と考えられますが、このようなことは絶対にしないでください。

もし、自己破産の前の名義変更がまかり通るのであれば、全員がそのようにしますよね?

すると、カード会社(自己破産の対象となっている会社)は、車の分のお金を分配されなくなりますので、カード会社の損が増えてしまいます。

自己破産の本質は、できる限りカード会社の損益が小さくなるように「あなたの返せる余力がある分は全て返済に回しなさい。それでも足りない分は免除します。」というものなので、このような事前の名義変更には、厳しく監視をされているのです。

自己破産の前の車の名義変更は、「資産を隠している」ことになり免責不許可に繋がってしまいます。

また、このような資産隠しが悪質であると判断された場合、詐欺破産として詐欺罪にあたる可能性がありますので、独自で行わず、弁護士に相談するようにしましょう。

事業で使用している車の場合

自営業の方などで、自家用車とは別に事業用に車を使っている場合があります。

事業用で使っている車は、自己破産後の経済を成り立たせるため、無くてはならないものと判断してもらえます。この場合、破産の申し立て時に申請をする必要があり、これを自由財産の拡張と呼びます。

配送業やタクシー業を営んでいる場合は、車を没収されてしまうと、仕事が出来なくなってしまうので、自己破産をしたとしても、またお金に苦しむことになります。

自己破産は、借金苦から解放され人生を再スタートできるように設けられた制度ですので、車があなたの仕事に必要不可欠であれば、没収対象から除外してくれるのです。

しかし、通勤車として使用していた車は没収対象となるでしょう。なぜなら、電車やバスなどの公的機関を利用できるという判断となるためです。居住地が、電車やバスが利用できない場所で、やむを得ない場合は、車を残せる可能性はあるでしょう。

自動車のローンについて

ローンの返済が残っている場合

車のローンが残っている場合は、ローンの返済が終わるまではローン会社(消費者金融・クレジットカード会社・金融機関など)が車の所有権を持っているということになります。

そのため、自己破産をすると、ローン会社に車を返さなくてはいけません。

しかし、自己破産をしても車だけは手放したくないと思って、自己破産をする前に車のローンを一括で返済してはいけません。なぜなら、他のカード会社からすると、破産手続きによって作られたお金は、平等に分配されるはずなのに、車の分が分配されなくなるためです。

つまり、車のローン会社とその他のカード会社に不平等が起きてしまうのです。

それでは、車のローンが残っている場合は、絶対に車を手放さなければならないのでしょうか。

1つだけローンが残っている車を手元に残す方法があり、「あなた以外の誰かにローンの残額を一括で支払ってもらう」ということです。

ただし、気を付けなければいけないことがあり、自己破産で没収対象にならない財産は、20万円以下のものです。ローンが完済されても、車の所有権はあなたですので、破産の際に資産の対象として取り扱われることになります。

つまり、車に20万円以上の価値があれば手放さなくてはいけません。

ただし、誰かに頼んで車のローンを完済してもらった場合でも、20万円以上の価値がある車はもちろん没収対象となるため、20万円以下の価値の車にしか、この方法を用いることはできません。

ローンの返済が終わっている場合あるいは一括で購入している場合

車のローンを完済している場合や、そもそもローンではなく一括で購入している場合には車の所有権はあなたのものです。

あなたが自己破産をする際に、車の価値が20万円以上であれば、処分される財産の対象となるため車を手放さなくてはいけません。

逆に、車の市場価値が20万円未満であると認められれば、財産として取り扱われることはなく、車を保持し続けることは可能です。

自動車の価値はどうやって決まるのか?

査定書を作成する

車の価値が、20万円以上であるかそうでないかによって自己破産後に車を手元に置いておけるかどうかが異なります。

車の市場価値を査定する方法として、査定書を作成する方法があります。査定書は、中古車ディーラーや中古車オークション市場で平均価格を調査するなどして作成することができます。

古い車の場合

車の年式が古い場合は、車を手放す必要がない可能性があります。

車の初年度の登録から6年以上経っている場合には、その車に価値がないと判断されて、手元に残しておける確率が高いです。

この登録については、軽自動車の場合4年です。ただし、外車やヴィンテージの車種については当てはまらない場合もあるため注意しておきましょう。

まとめ

  • 自己破産すると原則車は手放さなくてはいけない。
  • 破産者本人以外の名義の車には何も影響はでないが、名義人を変更することは免責不許可事由になる。
  • 車のローンが残っている場合、完済まではローン会社が車の所有権を持っているため自己破産をすると、車の返却を求められる。
  • 車の価値が20万円以上であれば没収対象となる。
  • 車の市場価値が20万円未満であれば自動車を保持し続けられる。
  • 車の初年度の登録から6年以上経っている場合には車の価値がないと判断され手元に残しておける。軽自動車の場合は4年。

自己破産の相談なら債務整理相談センター【広島店】へ