「個人再生でバイクは残せるの?」

「ローンの支払いが残っているバイクは個人再生でどうなるの?」

個人再生をする場合には、住宅や車・バイクといった自分の財産を裁判所に申告する必要があります。それにより、一定の条件が満たせれば、手元に残しておけるというメリットがあるからです。ところで、「車は持っていないけど、バイクなら持っているよ」という人にとっては、個人再生すると自分のバイクがどうなってしまうのか非常に気になると思います。そこで今回は、個人再生をしても自分のバイクを残せるのか解説したいと思います。

個人再生とは

最初に、個人再生の手続きについて、簡単に説明しておきます。

個人再生の概要

個人再生とは借金を整理する手続きの一つで、裁判所を通じて借金を減額してもらう手段のことです。個人再生は裁判所に申し立て書を提出することで実施されるため、必要書類の収集などに若干の手間がかかります。

しかし、借金を約5分の1まで減額できるという効果があり、それを3年から5年で支払うことができれば、残りの借金がチャラとなります。また、個人再生の場合は、住宅や車といった自己資産を残したままでも手続きが可能です。

個人再生をするべき状況としては、同じ借金整理の手段である任意整理で支払うことが困難な多額の借金を抱えている場合や、住宅や車といった処分したくない財産を持っていて、かつ自己破産を回避したい場合などが挙げられます。

清算価値保障原則とは

個人再生の手続きには「清算価値保障の原則」といって、「借金の返済計画において全てのカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に対し、あなたが自己破産した場合に得られる金額以上の配当を行うべきだ」というルールが存在します。

これは、「返済計画による借金の返済は、破産手続きをした場合にカード会社が受け取る配当額よりも高い金額でならなければならない」という法律に基づいています。したがって、個人再生では、自己破産のように財産を処分する必要はないのですが、その代わり財産を換金した額と同じ分の金額だけは最低でも返済する必要があるということです。

つまり、「借金の返済計画における返済金額 > 自己破産における配当額」ということになります。

ローンを完済したバイクは手元に残せる

まず、結論から言うと、ローンを完済したバイクであれば、個人再生をしても手元に残せすことができます。

個人再生と同様に、自己破産をする場合においても、ローンを完済したバイクであれば、清算価値として20万円以上になりにくいため、手元に残る可能性は高いと思われます。よって、個人再生をした場合には、自己破産のように破産管財人にバイクが売却されてしまうといったリスクは、基本的にありません。

ただし、ローンを完済したバイクには財産価値があるため、想定される売却価格を裁判所に申請する必要があります。その際、金額によっては、個人再生における借金の圧縮額に影響を及ぼす可能性があるでしょう。なぜなら、個人再生には、前述した清算価値保障原則があるため、借金の返済額が財産を処分して換金した場合の金額を下回ることはできないからです。

たとえば、あなたが1,000万円の借金を個人再生しようとすると、借金は5分の1の250万円に圧縮されることとなります。しかし、あなたが、ローンを完済した300万円の高級バイクを所持していたような場合には、少なくとも300万は返済する必要があるということです。つまり、個人再生の際、バイクを売った金額が借金の総額よりも高くなる場合には注意が必要でしょう。

ローン支払い中のバイクは手元に残せない可能性が高い

ローンの支払いが残っているバイクは、手元に残すことは困難でしょう。なぜなら、支払いの終わっていないバイクに関しては、売り主に引き上げられてしまうからです。

所有権留保とは

通常、車やバイクをローンで購入する場合には、その車両の所有権を誰が持つのか明確化しておきます。たとえば、車検証の所有者の欄にあなたの名前が書いてあれば、あなたが車の所有者となります。しかし、ここに車のディーラー名などが書いてある場合には、車の所有者はディーラーとなります。

このとき、ローンの返済が終わっていないと、所有権留保といって、個人再生を行うと車が売り主に引き上げられてしまいます。ちなみに、所有権留保とは、ローンなどの売買契約において、買い主に目的物を引き渡す際、代金を完済するまで目的物の所有権を売り主である販売店やローン会社などに残ったままになることです。

バイクをローンで購入するときの売買契約においては、「ローンの支払いが残っている場合には、所有権が留保される」といった記載があるのが一般的です。そのため、個人再生をした際に、ローンの返済が残っているバイクは、手元に残せない可能性が高いのです。

個人再生をする場合には、全ての借金が整理対象になる

個人再生の手続きを行う際には、全ての借金が整理の対象となります。ただし、住宅ローンは除きます。また、「債権者平等の原則」という、全てのカード会社を平等に扱うという考え方が適応されることになります。そのため、全ての借金は同一割合で圧縮され、その借金額に応じてカード会社に平等に分配されることになるのです。

したがって、バイクを手元に残したいから、バイクローンだけ全額支払いを行ったり、バイクローンのみを整理対象から除外したりすることはできません。よって、この理由からも、ローンの支払いが残っているバイクを手元に残すことは難しいといえるでしょう。

ローン支払い中のバイクを引き上げられないための対応策

前述した通り、個人再生をした場合に、ローンの支払いが残っているバイクには所有権留保がないことは滅多にないため、引き上げられてしまいます。したがって、収入が少なく、いくつかの借金を滞納しているという人は、任意整理の手続きをとるのがおすすめです。

任意整理では、整理するカード会社を選択できるため、バイクローンの会社だけを除いて手続きを行えばよいでしょう。バイクローンが債務整理の対象から除外されれば、バイクは手元に残すことができるというわけです。

また、個人再生をする前にバイクのローンだけを完済しておくと個人再生の対象にはならないので引き上げられる心配は無いでしょう。しかし、個人再生手続きの直前に一気に支払ってしまうと、偏波弁済(一部の債権者にだけ返済をする)と捉えらえ、個人再生が認可されない可能性があるため、親、親戚などに立て替えてもらうことがベストでしょう。

まとめ

・ローンを完済したバイクであれば、個人再生しても手元に残せる
・ローンの支払いが残っているバイクに関しては、個人再生で手元に残せる可能性は低い
・借金の整理をする際、ローンの支払いが残っているバイクを手元に残したい場合は、任意整理がおすすめ