「任意整理すると、携帯電話は使えなくなるの?」「任意整理した後に 、格安スマホに乗り換えたいんだけど出来る?」など、任意整理に関する携帯電話やスマホの使用、乗り換え、機種変更について疑問を持つ方もいるでしょう。任意整理をしたことによって、携帯電話を使えなくなることはありませんが、いくつか注意しなければいけない点があります。
そこで、今回は任意整理することによる携帯電話への影響について説明します。

任意整理をしても使用中の携帯電話に問題はない

任意整理をしたからといって、携帯電話が使用できなくなることはありません。
任意整理をすると、あなたが任意整理をしたという事故情報が信用情報機関に登録されます。これをブラックリストに載ると呼びます。ブラックリストに一度登録されると、5~7年程度は登録が削除されることはありません。つまり、その期間は新たな借り入れやクレジットカードの利用が出来なくなります。ブラックリストに載るために携帯電話が使えなくなるのでは?と不安になる方もいると思います。しかし、ブラックリストに載ることと、携帯電話が使用できなくなることは別の問題なので心配はありません。任意整理後も携帯電話を引き続き使用できます。

月々の支払い方法の見直しが必要

しかし、任意整理後はブラックリストに載ることによって、クレジットカードを使用できなくなります。そのため、携帯電話料金の支払い方法をクレジットカード払いにしている場合には口座振替や現金支払い(コンビニでの支払いなど)に変更しておく必要があります。

携帯ブラックの存在

一般的に、高額な携帯電話の端末料金を分割支払いで購入されている方が多いと思います。ブラックリストに載ると、端末の分割払いが出来なくなります。分割払いはあなたの信用情報をもとに、携帯電話の端末料金をあなたに代わってカード会社が支払ってくれています。そのため、完済する能力がないと判断されると分割払いが出来なくなります。
携帯電話の月々の利用料金は、回線費用と端末の購入費用を合わせたものです。回線契約
は、softbankやau、docomoといった各携帯電話会社に支払う通信回線のための費用です。一方で、端末の購入費用は文字通りで、スマホや携帯電話本体の費用を分割して支払うものです。
携帯電話の利用料金を返済できなくなってしまい、未払いになるとその情報が、電気通信事業者協会(TCA)に共有されます。TCAには、大手携帯電話会社の他にも、UQコミュニケーションズや、楽天イーモバイル、などといった格安スマホの携帯電話会社も加盟しています。そのため、あなたが携帯電話の利用料金を返済できなくなっているという情報は、各携帯電話会社に共有されます。利用料金の未払いが続くと、携帯電話は強制解約されてしまいます。
さらに、携帯端末の分割料金も滞納していて、携帯電話を強制解約された場合には、指定個人信用情報期間(CIC)に登録されます。登録機関は、TCAもCICも5年間程度です。

携帯ブラックになると何が起こるの?

携帯ブラックに登録されてしまうと、携帯電話を強制解約されてしまい使えなくなることがあります。そして、他社へ乗り換えたい場合にも、信用情報機関による事故情報が携帯会社間で共有されているために、新規で契約することが出来なくなります。ただし、最近では、格安スマホも普及しており回線契約は、UQモバイルなどを利用して端末は、量販店で購入したという方もいると思います。この場合、2つの料金は別々の支払い先に支払うことになっていますよね。端末代金について、滞納した場合にも回線契約の支払いを滞納しなければ、携帯電話を引き続き使用することが出来ます。

携帯ブラックは、どうやったら消える?

一度携帯ブラックに登録されてしまうと、携帯電話を使えなくなる可能性があるためおそろしく感じる方もいるでしょう。
携帯ブラックは、未払い分の利用料金を支払うことで登録を削除してもらうことが出来ます。未払い分の利用料金を支払った後は、再契約をすることができる可能性が高いです。
しかし、携帯電話会社によっては、一度ブラックに載った経験があるために再契約をすることが出来ない場合もあります。

機種代金の支払い方法について

任意整理をした後に、携帯電話の取り扱いで一番困ることは、これまでのように携帯電話の端末を分割で購入することができなくなることです。
しかし、現金で支払う場合には問題ありません。端末を一括で支払える能力がある場合には問題ないです。とはいっても、端末料金は5万~10万円を超える高額です。任意整理を行うまでに、借金の返済に追われて経済的に厳しい状況にあった場合、現金で端末を買うことが難しい方もいるでしょう。

任意整理前の携帯電話を引き続き使用する

任意整理をして借金の返済が減額されたとしても、計画的に返済を行えるように生活していかなければいけません。そのため、携帯電話の料金に未払いが発生していなければ、任意整理の対象から携帯電話会社を外しておきましょう。そうすれば、任意整理後も、携帯電話を使用しつづけることが出来ます。ただし、分割払いで端末を購入している場合には、残っている分の端末料金を一括で支払う必要があります。

まとめ

・任意整理をしても、携帯電話を使用できる。
・任意整理後は、クレジットカード使えないため携帯電話料金の支払い方法を口座振替や現金支払いに変更しておく必要がある。
・携帯電話の利用料金を滞納すると、その情報がTCAに共有され強制解約されてしまう場合もある。
・携帯ブラックに登録されると、他社への乗り換えも難しくなる。携帯ブラックは、未払い分の利用料金を支払うことで登録から削除される。
・携帯電話の料金に未払いがなければ、任意整理の対象から携帯電話会社を外しておくのが良い。そうすれば、任意整理後も携帯電話を使用できる。
・分割払いで端末を購入している場合には、端末料金を一括で支払う必要がある。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【広島店】へ