「任意整理後の借金の返済は,どのようにしていくの?」「複数のカード会社を任意整理した場合,返済はまとめてできるの?」
任意整理の手続きをすると,一定期間は借金の返済がストップします。そして,任意整理の手続きが完了するまでには,3〜6か月かかります。任意整理後に,具体的にいつから借金を返済していくのか,どのように返済していくのかについてイメージしておくことは大切です。また,複数の借金を任意整理した場合には,返済はどうしていくのか気になりますよね。これから詳しくみていきましょう。

任意整理後の借金の返済イメージ

任意整理をしたものの,いつからどのように借金を返済していくのか具体的なイメージは出来ているでしょうか。以下で,任意整理後の借金の返済について,詳しく説明していきます。

いつから借金を返済していくの?

任意整理の手続きの流れは,弁護士などの代理人に,任意整理を依頼すると,代理人からカード会社(クレジットカード会社・銀行・金融機関)へ受任通知が送付されます。カード会社が,受任通知を受け取ると,借金の取り立てや,返済が一時的にストップします。つまり,任意整理を代理人に依頼してしまえば,一定期間は借金の返済をしなくてもいいということです。
任意整理をした後,借金の返済をしていくのは,代理人によるカード会社との交渉によって,和解が成立した後です。一般的に,任意整理の手続きに要する期間は,代理人に依頼してから和解が成立するまでに3〜6ヶ月かかるといわれています。つまり,任意整理を依頼した後,3〜6ヶ月後から借金の返済を再開していくことになります。

どこに,借金を返済していくの?

任意整理後の借金の返済方法については,2つの方法があります。1つ目は,直接カード会社に返済していくパターンです。依頼した法律事務所によって,異なりますが,基本的には,このパターンで返済していく場合が多いです。もう一つは,任意整理を依頼した事務所を通して,カード会社へ借金の返済を行なっていく方法です。それぞれについて,以下で詳しく説明していきます。

直接カード会社に支払う場合

こちらは,一般的な方法です。任意整理後には,借金の遅延損害金や利息がカットされ,減額された額を返済していきます。
返済期間については,3〜5年の分割払いで返済していくのが一般的であり,生活に支障のない範囲で決められた返済額を,毎月決まった日にちに,あなたが直接カード会社へ支払っていくという方法です。複数のカード会社を任意整理している場合には,それぞれのカード会社へ振込をしなければいけません。つまり,任意整理をした後でも,借金の支払い先は複数あり,それぞれに自分で直接返済をしていく形です。

代理人を通じて支払う場合

次に,法律事務所などの代理人を通じて支払う場合について説明します。これは,あなたとカード会社の間に,法律事務所を挟んで,借金を返済していく方法です。
例えば,任意整理の対象が複数あった場合には,借金の支払い先も複数あります。そのため,自分で返済していくには手間がかかりますし,万が一振り込みを忘れてしまっては大変です。あなたが,一括して借金の返済額と代行費用を代理人に支払い,代理人が,それぞれのカード会社へ支払いを代行してくれることで,支払いに要する手間や,振り込み手数料をカットすることができます。また,振り込みを忘れてしまうといったアクシデントも防ぐことが出来ます。
しかし,代理人を通じて返済していく場合には,借金の返済に加えて,代行費用がかかります。各法律事務所によって,費用は異なりますが,相場では1社につき,毎月1,000円と言われています。ですので,任意整理を5社した場合には,毎月5,000円の手数料がかかります。さらに,完済までに5年かかるとすると,5,000円×60回=30万円も,代行費用を支払わなくてはいけません。任意整理によって,せっかく借金を減らしたのですから,1円でも出費は少ない方が良いと思うのであれば、あなた自身で返済していく方法がよいでしょう。
それでも,任意整理後にきちんと借金を返済していくことはとても大切ですので,代理人と相談して,自分にあった借金の返済方法を選択しましょう。

複数の借金を任意整理した場合

複数の借金があり,それらをまとめて任意整理した場合には,返済についても複数行なっていく必要があります。ここでは,振り込み手数料が,それぞれにかかるという負担が考えられます。このような負担を少しでも減らす方法として,口座間送金を利用する方法や,ネットバンキングを利用する方法があります。

口座間送金とは?

振り込み手数料は,窓口などで現金を振り込む場合と,あなたの銀行口座から,カード会社の銀行口座へ送金する場合で,金額が異なります。一般的に,窓口で振り込むよりも,ATMなどを利用して,口座間で送金をする方が手数料が安く済みます。また,口座間送金でも,同一銀行どうしの送金であれば,手数料が安かったり,無料の場合もあります。

ネットバンキングとは?

ネットバンクとは,実店舗やATMを利用して振り込むのではなく,インターネット上から振り込みをすることです。店舗のある銀行に比べて,手数料が安いことが多いです。また,インターネットの接続さえあれば,いつでもどこでも,振り込みをすることができるのも,ネットバンキングを利用するメリットと言えます。

まとめ

・任意整理の手続きは,3〜6ヶ月で完了し,そこから借金の返済を再開していく。
・借金の返済方法は,あなたが,直接カード会社に返済していく方法と,法律事務所に代行して支払ってもらう方法がある。
・自分で直接返済する場合が一般的だが,任意整理後も,複数の借金の返済があれば,それぞれについて振込をしなければならない。
・代行弁済を利用すれば,支払い先は1つだが,代行費用がかかる。
・振り込み手数料減らす方法として,口座間送金や,ネットバンキングを利用する方法がある。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【広島店】へ