大学進学の際には、学費や教材費に加えて、上京するための費用や下宿代など多くの費用が必要になります。「任意整理をしたいが、子供の進学のために奨学金を借りたい。保証人にはなれる?」という親目線でみる奨学金と任意整理に関する疑問もあります。
また、無事に大学を卒業した後にも、低所得が原因で多くの方が奨学金の返済に苦労し、「奨学金を借りたはいいけど、月々の返済に生活が圧迫されてしまっている。」という悩みを持ってる方もいるでしょう。
そこで、奨学金の簡単な仕組みと任意整理の関係について説明していきたいと思います。

奨学金とは?

奨学金とは、金銭的な理由で学習することが難しい学生に対して、学費の貸与または給付を行い、自由に学ぶ環境を整える制度です。奨学金には、返済が必要な貸与型の奨学金と返済の必要がない給付型の奨学金があります。今回は、返済が必要な貸与型の奨学金について取り扱います。

どのくらい利息がつくの?

貸与型の奨学金には、無利息で借りられる第一種奨学金と、利息付きの第二種奨学金があります。第二種奨学金の場合、年3.0%を上限とする利息が付きます(在学中は無利息)。
利息が付くものと付かないものがあるならば、みんな利息の付かない奨学金を借りたいと思うのが当然です。しかし、無利息の奨学金を借りるには、厳しい採用条件があります。

無利息の第一種奨学金を借りるには?

第一種奨学金の採用条件は、主に家計の経済状況によって判断されます。つまり、家計を支える方(父や母、いない場合はそれ以外の収入源となる方)の収入金額がどれくらいあるかで決まります。
例えば、あなたが4人家族である場合、収入・所得の上限額の目安は、給与所得者(サラリーマンなどの安定した収入がある場合)747万円、給与所得者以外(自営業などの方)は、349万円に設定されています。この上限額の目安は、家族の人数によって異なります。家計の経済状況が厳しく、採用基準を満たしていれば第一種奨学金を借りることが出来ます。

奨学金を借りるには、保証人が必要

保証人とは、契約者が借金の返済をできなくなった場合に、代わりに返済をおこなっていく人のことです。奨学金の保証人には、「人的保証」と「機関保証」があり、この2つから選ぶことができます。
人的保証には、保証人と連帯保証人が必要です。機関保証とは、保証人をつける代わりに、保証会社に毎月一定額の保証料金を支払うことです。保証料金は、奨学金の借り入れ金額と年数によって違いますが、およそ1000円~7000円の範囲内です。例えば、月々3万円借りていた場合、保証金はおよそ1000円です。

任意整理をすると、子供の保証人になれない?

先ほど、奨学金を借りるには保証を付ける必要があると説明しました。人的保証をつける場合、任意整理をしたあなたが子供の保証人になることは非常に難しいです。しかし、あなた以外の親、姉妹または叔父や叔母といった4親等以内の親族であれば連帯保証人になることができます。
また、あなたのお子様が奨学金を借りる場合に、人的保証がつけられなくても機関保証を選択することで奨学金を借りることが出来ます。

奨学金そのものを任意整理したい場合には?

任意整理と奨学金の相性は悪い!

奨学金は、利息付きの第二種奨学金であっても低い金利で借り入れをし、返済していくことができます。また、返済期間は15年~20年といったように長期で計画されています。
任意整理の場合には、借金の元本そのものは減ることがなく、金利や遅延損害金をカットすることで借金を減額し返済を行います。さらに、任意整理では一般的に3年間(最長で5年)で借金を返済していくことになっています。そのため、低金利で長期返済計画という特徴を持つ奨学金に、任意整理のメリットが生かされることはなく、任意整理することによって、月々の返済額が多くなってしまいます。つまり、任意整理と奨学金の相性は悪いのです。

そもそも任意整理の交渉を断られてしまう

任意整理は、弁護士や司法書士といった代理人がカード会社(消費者金融・クレジットカード会社・銀行など)と交渉することによって借金を減額することが出来ます。あくまで交渉であり、相手が断ってくればそれ以上の手続きを進めることが出来ません。
奨学金の運営をしている日本学生支援機構は、交渉を断る、つまり任意整理を受け入れないことで有名です。そのため、任意整理をしたとしても借金が減額される可能性は低いです。

保証人に迷惑がかかってしまう

あなたが奨学金の返済をできなくなり任意整理の対象として手続きをすると、人的保証を利用して奨学金を借りていた場合には保証人へ返済請求が行われます。そのため、保証人に迷惑がかかってしまいます。また、機関保証を利用していた場合には、そもそも任意整理の交渉の時点で断られてしまい手続きをすることが出来ません。

奨学金の返済以外にも借金があり生活が苦しい場合

これまでに説明してきたとおり、奨学金の返済に困っている場合であっても任意整理をすることによるメリットはありません。
任意整理は、整理の対象とする借金を自由に選択することが出来るので、奨学金の他にも借り入れがあり返済にこまっている場合には、任意整理の手続きをすることをおすすめします。奨学金の返済額は変わらなくても、他の借金の返済額が減ることで借金の返済にあてる総額は減るので経済的には余裕が生まれる可能性があります。とはいえ、任意整理以外にも奨学金の返済を減らす方法はあります。以下で説明します。

返還期限の猶予制度の利用をする

奨学金には、一定の条件を満たせば返済期限を猶予する制度があります。最大で10年間返済を延長することが出来ます。借金そのものが減るわけではありませんが、一時的に返済ができない状況であれば、この制度を利用することが出来ます。
一定の条件について、具体例を挙げていきます。「病気により働けなくなった場合」「生活保護を受給中である場合」「失業中」「経済的に困窮している場合(給与所得者は年間収入300万円以下、給与所得者以外は年間所得200万円以下が承認の基準)」となります。

減額返金制度の利用をする

返還期限の猶予以外にも、月々の返済そのものを減額できる制度があります。この制度を利用するには、先ほどあげた返還期限の猶予制度の条件に加えて、「願出及び審査の時点で延滞がないこと」「口座振替で返済をしていること」「返済方法が月賦であること」「個人信用情報に取り扱いに関する同意書を提出していること」といった条件を満たすことが必要です。

奨学金の返済が免除になる場合もある

奨学金を借りていた本人が死亡した場合には、奨学金の返済が免除されます。また、精神・身体障害によって働けなくなった場合や、労働能力が著しく低下した場合にも、奨学金の返済をする必要がなくなります。

まとめ

・奨学金とは、金銭的な理由で学習が困難な状況にある学生に、学費の貸与または給付を行い学習環境を整える制度。
・無利息で借りられる第一種奨学金と利息付きの第二種奨学金がある。
・家計の経済状況が厳しく採用基準を満たせば、第一種奨学金を借りることが可能。
・奨学金の保証人には、人的保証と機関保証があり、人的保証には保証人と連帯保証人が必要。機関保証は、保証人の代わりに保証会社に毎月一定額の保証料金を支払う。
・任意整理をしたあなたが子供の保証人になることは難しい。
・奨学金は、一定の条件を満たせば返済期限を猶予できる制度がある。最大で10年間返済を延長が可能。また、月々の返済そのものを減額できる制度もある。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【広島店】へ